<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 阿波踊り | main | ありがとう。 >>

カウントダウン

書くか書くまいか悩んでたけど
ここは私のブログなので書こうと思います。

暗い内容なので、スルーしてくれて結構ですのでw

先週実家に戻ってたって書いたんだけど、
実は母方のおじいちゃんが痴呆症でして、それが
ここ数ヶ月一気に進んでしまい、家族で介護をする日々でした。
まずダウンしたのがおばあちゃん。
当たり前だよね。
おばあちゃんだってもう80歳なんだから・・・。
おじいちゃんは85歳。
でも、おばあちゃんがいないと何も出来ない状態だし、
うちはパパもママもフルタイムで働いてるから、介護できなくて。
で、昼間は妹が変わりに見たり、ママと交代で私が見たりと
そんな感じでした。
でも、やっぱりおじいちゃんのことは、おばあちゃんしか分からないことも多いし、
私たちには言わないような暴言もおばあちゃんには言ったりしてて…。
で、おばあちゃんをしばらくいとこの家に避難させてたんだけど、
おばあちゃん自身がもう参ってるので、全然休めないって状態で。
ご飯も食べれないし、寝れないし、自分がどんどん弱ってくのが
分かる、って横になって言ってるのを見て
これはヤバイと思い、心療内科に連れて行きました。
すぐに診てもらえるところを探したので、私の行ってた所じゃないんだけど、
良い先生で、話をじっくり聞いてくれて、薬を処方してもらいました。
それから、おばあちゃんはだいぶ落ち着いたみたいで良かったです。
でも、病院行く前にグッタリしたおばあちゃんを見たママが
おじいちゃんを厳しく責めてるのを見て、
もうママの精神状態も苦しいんだな、と痛感しました。

帰ってから、このままでは家族全員倒れてしまう、と話し合いを重ね、
今まで行ってたデーサービス(朝の9時〜午後4時ごろまで施設で預かってもらってたの)
週に四回に増やすと共に、入所できる介護老人施設を探し始めました。
都内の施設は入るのに何千万もお金がかかるところが多く
数も少ないので、地方を探していました。
運よく、親戚のおばさんのお母さんが入ってる施設が山梨にあり、
その施設はとても良くしてくれるし、空きもあるそうなので
早速診断書を持って両親が行くと、次の週から入れると言われたそうです。

おじいちゃんが入所するのは8月2日。
もうすぐです。
小さい時からずっと一緒に暮らしてたおじいちゃんと
離れ離れになるのはすごく寂しいし、自分達で診てあげれない負い目も
やっぱり感じてしまいます。
でも負担が大きすぎて、家族みんなが壊れてしまうよりは
まだおじいちゃんのこと大好きで、おじいちゃんにも私たちの愛が
伝わる状態で、きちんとプロの人たちのお世話になる方が
イライラしてる家族が診るより幸せなんじゃないか、っていうのが
私たちの結論です。
冷たいとか、ひどい、とか言う人もいると思うけど、
私たちも毎日泣いて泣いて出した結論です。
一生会えないわけじゃないし、ママたちは更新のため三ヶ月に一度通うことになるし、
私も電車で一時間半の距離なので、行ける限り行こうと思ってます。

しばらくは放心状態になりそうですが、
おばあちゃんの健康に注意しながら、家族みんなでフォローしていけたら
良いな、と思ってます。

暗い話を最後まで読んでくれてありがとうございます。
私は何とかダウンせずに済みました。
食欲はなかったりしたけど、でも一生懸命尽くしたつもりです。
おじいちゃんには何もできなかったけど、家族に対しては
色々話し合いも重ねたし、愚痴も聞いたりしました。
友達に同じような経験をしてる子がいて、話を聞いたり参考にしました。
言い訳がましくなるから書くのやめようかと思ったけど、
これも私の毎日のことだったから
この気持ちを忘れないように記しておこうと思いました。

Kが支えてくれた部分も大きかったです。
最近情緒不安定で生理痛もあったし、当時は毎日泣いてました。
でも、Kがギュって抱きしめてくれると温かくて。
おじいちゃんが毎日施設の温泉に入って、仲の良いお友達が出来て
楽しく暮らせたら良いな、と思ってます。
あと二日。
おじいちゃんとの思い出を胸に進みます。
愚痴 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

seikoちゃん、こんばんは。
うちも、母方の祖母が痴呆症なんだよね。
もうだいぶ経ってて、今ではうちの母のことも分からないんだけど。
最初、その祖母の看病を祖父がしてて、逆に祖父が具合悪くなって…
そのまま3年前に亡くなってしまったのが、その祖父です。
祖父が最初にダウンしてしまった時、うちもいろいろ考えた結果、祖母を施設に入れることになって。
みんな、愛が足りないわけじゃない。
冷たいなんて、思わないよ。
周りがみんなダウンしちゃって、崩壊してしまう方が、ホントに辛いことだと思うし。
おばあちゃんのことも心配だけど、周りで助け合っていけたらいいね。
あや | 2006/07/31 11:28 PM
seikoお久しぶりです!
いろいろ大変だったんだね
介護のことは誰か1人が背負うんじゃなくて
少しずつ自分にできることをみんなでできればいいね
そんなときは一人で悩まないでここで吐き出してもいいし
電話ください!!!!!
近くに支えてくれる人がいてよかったね!
リココ | 2006/08/01 8:11 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seiko315.jugem.cc/trackback/588
この記事に対するトラックバック