<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< お久し振りです | main | ひとまず・・・。 >>

色々

おはようございます。
土曜日の朝、洗濯中でございます。

最近彼氏さんとの間で話題になるのは
彼氏さんの職場の話だけです。
もしかしたら異動になるかも?とか転勤するかも?とか。
そうした変化に関する不安は自分ではビックリするほどありません。
きっと日本と海外の遠距離になっても
私は乗り越えられる気がします。
ただ、やっぱり「待つ」というのは辛いものですよね。
「行く」のは平気でもさ。
だから、それについてよく話してます。

私はね、彼氏さんが決めたことなら喜んでウンって言ってあげるし
もし迷ってるなら背中を押してあげたいんだよ。
大丈夫だよって言ってあげたいんだよ。
でもそれを望んでるのか分からないから考える。

彼氏さんがいっぱいいっぱいなのは分かる。
そういうときこそ言ってって思うんだけど、間違ってるのかな。
一緒に乗り越えようって言うのは女の子のせりふじゃないのかな?
私は幸せにして欲しいんじゃない。
一緒に幸せになりたいんだ。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seiko315.jugem.cc/trackback/720
この記事に対するトラックバック
転勤の挨拶状に、時候の挨拶と新任地、前任地、役職が入れば後は、勤務先住所または転居先住所を載せると完璧です。転勤の挨拶状の例文は、たいていパソコンのサイトなどで見つけることが出来ます。転勤の挨拶状は、最初は季節の時候の挨拶から入ります。転勤で一番多い
転勤挨拶 | 転勤挨拶 | 2008/04/14 1:25 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2008/04/20 10:22 PM